Loading...

トイレつまりや蛇口の水漏れ修理は熊本水道サービスへ!水道局指定工事店で地域密着の水道屋さん

ブログ

2024.2.13 new

【〇〇だけは注意】ウォシュレットの交換時期は?費用とセットで解説

【〇〇だけは注意】ウォシュレットの交換時期は?費用とセットで解説

ウォシュレットの性能低下や故障は、日々の快適な生活に直結する問題です。

使用中のウォシュレットが古くなり、機能が衰えてきたと感じている方も多いでしょう。

放置すると、清潔さが保てず、最悪の場合は故障による突然の不便や修理・交換費用の増大を招く可能性があります。

本記事では、「ウォシュレットの交換時期」をはじめ、脱臭フィルターの交換時期や買い替え費用、交換時の注意点について詳しく解説し、日々の生活をより快適にするためのガイドを提供します。

ウォシュレットの交換時期

ウォシュレット(温水洗浄便座)は、現代の生活における快適性を大きく向上させるアイテムですが、その寿命は一般的に7年から10年程度と言われています。

使用頻度や環境によって異なりますが、5年を過ぎたあたりから不具合が増え始めることが多く見られます。

特に10年以上使用しているウォシュレットは、急な故障や不具合が発生しやすくなり、さらには部品の生産終了により修理が不可能になるケースもあります。

ただし、不具合が発生したからといって直ちに新しいモデルへの交換が必要とは限りません。

交換するか修理するかを判断する際には、新しいウォシュレットの購入費用、保証期間、メーカーによる修理の可否など、いくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。

これらの情報を踏まえて、ウォシュレットの交換時期を見極めることが、経済的かつ環境に優しい選択をするための鍵となります。

補足:ウォシュレットの脱臭フィルターの交換時期

ウォシュレットの脱臭フィルターは、トイレ使用時の不快なにおいを抑える重要な役割を担っており、その交換時期は通常の使用状況下で約7年が目安とされています。

脱臭効果が弱まってきたと感じたら、早めの交換が推奨されます。定期的な清掃も脱臭機能の維持に役立ちます。

取扱説明書に従ってフィルターやカートリッジを取り出し、使い古しの歯ブラシなどでホコリを除去することで、脱臭機能の衰えを防ぐことができます。

この清掃は、月1回から半年に1回程度が理想的です。

特にTOTO製の脱臭器においては、交換サイクルが約4年程度と短めに設定されています。

TOTOのメンテナンススケジュールでは、10年以内に内部部品の修理や交換を推奨しており、さらに7年を超えた製品については、ウォシュレット本体(機能部)の取り替えも検討することを勧めています。

このガイドラインに従うことで、ウォシュレットを常に最適な状態で使用することができ、快適なトイレ環境を維持することが可能です。

ウォシュレットの買い替え費用

ウォシュレットの買い替えを検討する際には、本体価格だけでなく取り付け工事の費用も考慮する必要があります。

ウォシュレットの取り付け工事費用の相場は、8,000円から10,000円程度で、ウォシュレット本体の価格は1万円から10万円程度が一般的です。

これにより、ウォシュレットの全体的な買い替え費用はおよそ1.8万円から11万円程度になります。

便座の種類によっては、費用が大きく変わることがあります。

例えば、普通便座は約3,000円から5,000円、ヒーター機能付き暖房便座は約7,000円から40,000円、温水洗浄便座は30,000円から200,000円の範囲で価格が設定されています。

便座の交換費用の総額は、オプションや保証などを含めると50,000円からとなり、最終的な費用は選択するオプションによって変動します。

ウォシュレットの寿命は一般的に7年から10年とされており、5年を過ぎると不具合が増える傾向にあるため、7年以上使用している、または異常を感じた場合には、メーカーによる点検を依頼することをおすすめします。

この点検を通じて、修理が必要か、あるいは買い替えが適切かの判断ができます。

快適なトイレ生活を維持するためにも、ウォシュレットの適切なメンテナンスとタイミング良い更新を心がけましょう。

ウォシュレット交換時の注意点

ウォシュレットの交換を検討する際には、スムーズかつ安全に作業を行うためにいくつかの重要な点に注意が必要です。

以下のポイントを事前にチェックしておくことで、交換作業中のトラブルを避けることができます。

止水栓を閉める

作業開始前には必ず止水栓を閉めて、水の供給を停止してください。

これにより、作業中の水漏れを防ぎます。

電源コンセントの確認

トイレ室内に適切な電源コンセントがあるかを確認し、ウォシュレットの電源供給が可能かをチェックしてください。

トイレの適合性の確認

選択したウォシュレットが現在のトイレに取り付けられるか、互換性があるかを事前に確認してください。

トイレのサイズ寸法の確認

ウォシュレットを取り付けるためのスペースが十分にあるか、トイレのサイズ寸法を確認してください。

止水栓の位置と不具合の確認

止水栓の位置が交換作業に適しているか、また、止水栓自体に不具合がないかを確認してください。

部品の状態の確認

既存のウォシュレットやトイレの部品が破損していないか、また、交換に必要な部品がすべて揃っているかを確認してください。

給水管の取り外し時の対策

給水管を取り外す際には、給水管内に残った水がこぼれる可能性があるため、タオルやバケツを用意しておくと良いでしょう。

これらのポイントをしっかりと押さえておくことで、ウォシュレットの交換作業を安全に、かつ効率的に行うことができます。

事前準備を怠らず、快適なトイレ環境を実現しましょう。

まとめ

ウォシュレットの交換は、日々の生活快適性を向上させる重要なステップです。

  • ウォシュレットの平均寿命は7年から10年であり、この期間を過ぎると不具合が増えるため、適切な交換時期の見極めが必要です。
  • 交換を検討する際には、脱臭フィルターの交換時期も含め、全体的な費用は本体価格と取り付け工事費用を合わせて約1.8万円から11万円程度となります。
  • 交換作業を行う際には、止水栓の閉め忘れや電源コンセント、トイレのサイズと互換性の確認など、いくつかの重要な注意点があります。

ウォシュレットの交換に関するこれらの情報を理解し、適切なタイミングで行動することで、快適で衛生的なトイレ環境を維持することができます。

交換時期の見極め、費用の概算、そして注意点の確認を通じて、あなたのウォシュレット選びをサポートします。最適なウォシュレット選びで、日々の生活をより快適にしましょう。

熊本水道サービスでは、水漏れに関する調査はもちろん、水に関するあらゆるトラブルを迅速に対応します。

経験豊富なプロフェッショナルスタッフが丁寧に調査し、最適な解決策を提案します。

お困りの際はいつでもご連絡ください。

熊本水道サービス(株式会社ジーエス)はあなたの生活をより快適にするため、全力を尽くします。

それが熊本水道サービスの使命です。

熊本で水トラブル・水漏れ・詰まりは水道修理の専門店「熊本水道サービス(くますいさー)」